肌断食.com [効果と方法編]

肌断食の基礎知識 間違いだらけのスキンケア

なぜ、現代女性の多くに「肌断食」が必要かつ有効かというと、毎日無意識あるいは、意識的に行っている普段のお手入れが間違っているからです。美容に関心の高い人ほど、丁寧に時間とお金をかけてスキンケアをしていると思いますが、本当に必要なケアは実は意外とシンプルかつお金もそれほどかけなくて済むものというのが、「肌断食」の根本にある考え方。では、今しているスキンケアのどこが間違っているのか、具体的に見ていきましょう。

まず、代表的なのが「ダブル洗顔」。お化粧をしている場合、まずクレンジング剤でメイクを落として、それから石鹸や洗顔フォームで顔を洗うという人が多いと思います。でも、これはNG。洗いすぎです。クリームタイプで肌に刺激の少ないクレンジング剤でしっかりメイクを落とした後は、濡らしたコットンでしっかり拭き取り、水かぬるま湯で20回くらいすすぐのがベストのやり方。この後にまた洗顔してしまうと、正常なバリア機能としてある角質を剥がしてトラブルを招いたり、肌に必要な油分や水分が奪い取られて乾燥の原因となってしまうのです。乾燥は、すべての肌トラブルの元凶になりますから要注意です。

ゴシゴシ洗顔もやめましょう。クレンジングは肌の表面をやさしくマッサージするような感じで。力を入れなくても、体温で汚れは自然に浮いてきます。肌は呼吸しながら老廃物を出しているので、それを拭い取るようなイメージで洗いましょう。また、口紅やアイメイクは、専用のリムーバーで落とすこと。面倒だからと、クレンジング剤で一緒に落とすのは、メイクを顔全体に広げているのと同じこと。クレンジングと正反対の行為です。ティッシュで拭き取るのもNG。まぶたも唇も粘膜という敏感な部位ですから、コットンにメイクを移しとるように、優しく落とすようにしてくださいね。

洗顔後の保湿は、ローションマスクでたっぷりとするのが理想。高いものをケチって使うよりも、安いものをジャブジャブ使うほうが保湿にはいいそうです。朝など忙しいときは、両手の体温でローションをあたため、やさしく押し込むように顔全体に染みこませましょう。その後もすぐに美容液やクリームをすりこむのではなく、前のステップに塗ったものが浸透したのを確認してから、次のものをお肌に載せること。そうでないと、ただ表面に上塗りするだけで、肝心の成分は肌に染みこんでいきません。少なくとも1分、できれば3分は間隔を開け、ローションと同じように手のひらで温めてから、お顔の上に塗ってください。

肌タイプ別アドバイスの項で詳しく説明しますが、思い込みから自分の肌タイプを誤まって認識し、適切な化粧品を選べていないケースも多いです。「肌断食」をすると、自分の本当の肌質がわかりますから、現在のスキンケアを見直し、適切な化粧品を選ぶことができるようになります。

肌断食に加えて本気でスキンケア・美顔を狙いたい方は大手エステのフェイシャルエステの体験も考えてみて下さい。初回は数千円ですので「フェイシャルエステの体験めぐり」も可能かと思います。ぜひご検討下さい。 !--文章 END-->


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 肌断食.com [効果と方法編] All Rights Reserved.