肌断食.com [効果と方法編]

正しい肌断食の方法 佐伯チズ先生のメソッド

実際に肌断食をしようと思ったとき、どのように実践していけば良いのでしょうか。テレビや雑誌、インターネットではさまざまな方法が紹介されていると思いますが、ここでは、「肌断食」という言葉の提唱者でもある、佐伯チズ先生が推奨する方法をご紹介しましょう。

ポイントは、「休日は顔に何もつけないようにする」「スキンケアは洗顔のみ」。いたってシンプルで簡単です。普段働いている大抵の人は、仕事に行く時はメイク必須ですよね。でも、肌断食の間はメイクはしないのが基本です。ですから、たとえばOLさんの場合ですと、金曜日の夜から始めて、月曜日の朝までの3日間を肌断食にあてるのが良いと思います。UVクリームも避けたほうがいいので、できれば紫外線を浴びずに引きこもり状態で過ごせるのが理想。では、具体的なタイムスケジュールを見ていきましょう。

【1日目の朝】
通常通りのスキンケアでOK。洗顔後、化粧水や乳液などでお手入れし、メイクをする場合は、できるだけ薄めにするようにします。(この日の夜から、ダブル洗顔ができません)

【1日目の夜】
ポイントメイクを丁寧に落とした後、ミルクやクリームタイプのクレンジング剤か、無添加の石鹸のみで顔を洗い、水かぬるま湯ですすぎます。ダブル洗顔はしてはいけません。洗顔後は、何もしないでそのままで過ごします。肌が突っ張る感じがあるかもしれませんが、就寝中あなたの肌の自然な皮脂が出てきて肌をガードし、次の朝には気にならなくなるので、ぐっと我慢しましょう。

【2日目の朝】


水かぬるま湯のみで洗顔をします。石鹸などを使用しないでください。お肌には、汚れを浮かせ排出しようとする力がありますので、水で洗い流すだけで十分なのです。優しく、あまりゴシゴシこすらないように気をつけましょう。この日は1日ノーメイクで過ごします。

【2日目の夜】


1日目の夜と同じように、無添加の石鹸かクレンジング剤だけで洗顔。1日目の洗顔よりも2日目の方が、肌の突っ張りを感じないはず。水分と油分のバランスが整ってきているはずです。

【3日目の朝】【3日目の夜】
ここでは2日目と同じように行います。

【4日目の朝】
水かぬるま湯での洗顔後、化粧水や乳液など、通常のスキンケアを再開。ぐんぐんと化粧品がお肌に浸透し、お化粧ノリも良くなっているはずです。


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 肌断食.com [効果と方法編] All Rights Reserved.