肌断食.com [効果と方法編]

肌タイプ別アドバイス ニキビ・アトピーの場合

肌断食は、ニキビの改善に効果が期待できます。特に「大人ニキビ」は、思春期のホルモン分泌増加によるニキビとは違い、大人ニキビは乾燥やストレス、便秘・偏食などによる内臓の不調、合わない化粧品を使い続けることによる害・・・など、原因がさまざまです。いずれにしても、肌に必要以上の思いがけない負担がかかり、過剰反応しているのは確かですから、いったん化粧品の使用を中断して、肌の状態をリセットすると、肌が生まれ変わって、今の良くない状態から脱するきっかけを与えることができます。

ただ、ニキビの程度にもよりますが、3日間程度の肌断食ではあまり改善しないこともあるようです。肌のターンオーバー(生まれ変わり)は、女性の生理のリズムと一緒で、約1ヶ月かかります。ですから、肌状態を根本から変えようと思ったら、1ヶ月は水かぬるま湯の洗顔のみで過ごし、その他の化粧品をすべてやめることが理想でしょう。メイクをする場合はお粉だけはたくなど薄めにして、無香料・無添加の石鹸を使って、やさしく丁寧に洗い流すようにすればOK。添加物の入った石鹸だと、その石鹸カスが皮膚の穴に詰まり、ニキビの原因とまります。アミノ酸系洗顔料なども良いようです。

また、一時的に肌がガサガサするなど、見た目の肌状態が悪くなることも多いようです。これは、古い角質が剥がれ落ち、肌が生まれ変わっている途上で起こる現象なのですが、それに耐えられる人でないと、長期の肌断食は難しいかもしれません。でも、古い角質が剥けた後には、つるつるのお肌が待っているんですよ。最初から無理をせず、3日間の断食を、週に1回ずつ行なうほうが現実的かもしれませんね。

アトピーの場合は、症状の程度にもよりますが、基本的に肌断食を避けたほうが無難でしょう。アトピー性皮膚炎の特徴的な症状は「乾燥」です。乾燥するとお肌のバリア機能が低下して、皮膚内に細菌やアレルゲンが侵入しやすくなり、それらがアトピー症状を悪化させ、さらに乾燥を促進するという悪循環によって症状がさらに悪化していきます。そのため、洗顔後、保湿のできない肌断食はかなり危険が伴います。もし、実践するなら、洗顔後、さーっとエビアンなどの保湿水をかけ、30分くらい置いた後に、化粧水などのスキンケアをしてみると良いかもしれません。この30分のインターバルが、肌本来の機能を目覚めさせる時間となります。いずれにしても、必ず皮膚科のお医者さんに相談してから肌断食を実践するようにしてくださいね!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 肌断食.com [効果と方法編] All Rights Reserved.